MAJIN利用規約

本規約は、株式会社ジーニー(以下「ジーニー」という)が提供するサービスの利用に関し、本規約第1条に定める利用者とジーニーの間における法律関係を規定することを目的とする。

第1条 定義
  1. 「利用者」とは、ジーニーが提供するマーケティングオートメーションサービスを利用する者のことをいう。
  2. 「サービス」とは、ジーニーが利用者に提供するマーケティングオートメーションサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含む)のことをいう。
  3. 「管理画面」とは、ジーニーが利用者に提供する、サービス操作用画面のことをいう。
第2条 規約
  1. 「本規約は、サービスの提供に係るジーニーと利用者との間の一切の法律関係に適用される。
  2. 利用者は、サービスの利用登録を行ったとき、又はサービスの使用申込みを行ったとき、いずれか早い時点で、本規約の内容に同意したものとみなし、ジーニーと利用者との間で本規約を内容とする契約(以下「本契約」という)が成立するものとする。
  3. ジーニーは、その裁量で、利用者の同意を得ることなく本規約を改訂することができる。ただし、ジーニーは規約を改訂した場合、改訂内容を速やかに利用者に通知するものとし、当該改訂内容の通知後、利用者がサービスを使用した場合又はジーニーの定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、利用者は、本規約の改訂に同意したものとみなす。
第3条 利用登録
  1. ジーニーは利用者に、管理画面にアクセスするためのID・パスワードを貸与する。
  2. 利用者は、ジーニーが貸与したID・パスワードを売買、譲渡その他の処分をしてはならない。
  3. 利用者は、ジーニーが貸与するID・パスワードについて、善良なる管理者の注意をもって厳重に管理、保管するものとする。
  4. ジーニーが利用者に貸与したID・パスワードに基づいて行なわれた行為については、利用者が行ったものとみなす。
  5. 本契約の終了その他の事由によりサービスの利用が不可能となった場合、ジーニーが貸与するID・パスワードについて、利用者はこれらを削除するものとする。
第4条 利用者の登録情報の変更
利用者は、登録情報に変更がある場合には、ジーニーに対して直ちに変更内容を通知する。
第5条 サービス利用許諾の範囲
  1. ジーニーは、利用者に対し、サービスの利用許諾を付与する。
  2. 利用者は、ジーニーがサービスに関して、前項以外の利用権、知的財産権を付与・移転・譲渡するものではないことを確認する。
  3. 利用者は、ジーニーの書面による承諾なく、第三者にサービスを利用させてはならない。
  4. サービスに関する知的財産権は全てジーニー又はジーニーにライセンスを許諾している者に帰属する。
  5. 利用者はSMS配信機能を利用する場合、当該機能の利用にあたっては、別紙2.SMS利用規定を遵守しなければならない。
  6. 利用者は、ジーニーの指示に従って、ジーニーの提供するタグを設置するものとする。
  7. 利用者は、本契約が終了した場合、直ちに前項のタグを外す義務を負うものとする。当該義務を怠った場合、利用者は、本契約の定めに従って利用料金を支払う義務を負うものとする。
第6条 支払い条件
  1. 利用者は、ジーニーに対し、利用を希望したサービスの利用対価(以下「利用料金」という)を支払う。利用料金の算定方法、支払方法、その他の条件の詳細は、サービス利用申込書又は管理画面に記載された通りとする。なお、サービス利用申込書と管理画面に記載された内容が異なる場合には、特段の合意がない限り、管理画面の記載を優先する。
  2. 利用料金の算定方法、支払方法、その他の条件は、ジーニーがその裁量で変更することができる。ただし、ジーニーはこれらの条件を変更する場合にはこれを速やかに利用者に通知するものとし、当該変更の内容の通知後、利用者がサービスを使用した場合又はジーニーの定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、利用者は、当該変更に同意したとみなす。
  3. 前2項に基づく利用料金は、当該サービス利用月の末日締めで、ジーニーが税込み対価の額を算定し、翌月5営業日以内に利用者に請求額を通知するものとし、利用者は請求額の通知を受けた月の末日までに、ジーニーが指定する振込先口座に、対価を払い込むものとする。なお、銀行振込手数料その他支払に要した費用については利用者の負担とする。
第7条 出稿サービス業務の委託
利用者は、別途の申込書に必要事項を記載の上、ジーニーに対してサービスを用いた広告出稿及びこれに付帯する業務(以下、「出稿業務」という)の委託を申し込むことができる。なお、ジーニーが当該申し込みを承諾した場合の契約条件は、別紙1「出稿業務約款」によるものとし、当該約款に定めのない事項については、本契約の条件を準用する。
第8条 秘密保持
  1. 本規約において「秘密情報」とは、本契約に関連して、一方当事者が、相手方より口頭、書面その他の記録媒体等により提供若しくは開示されたか又は知り得た、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味する。但し、下記各号の情報は秘密情報から除外する。
    • (1)相手方から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は、既に知得していたもの
    • (2)相手方から提供若しくは開示がなされた後又は知得した後、自己の責に帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
    • (3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
    • (4)秘密情報によることなく単独で開発したもの
    • (5)相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
  2. 本契約の当事者は、秘密情報を本契約の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとする。
  3. 前項の規定に拘わらず、本契約の当事者は、法令又は裁判所若しくは政府機関の命令、要求若しくは要請に基づき、相手方の秘密情報を開示することができる。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければならない。
  4. 本契約の当事者は、秘密情報を記載した書面その他の記録媒体等を複製する場合には、事前に相手方の承諾を得ることとし、複製物については第2項に準じて取り扱うものとする。
  5. 本契約の当事者は、本契約の終了時又は相手方から求められた場合には、遅滞なく、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体及びその全ての複製物を、合理的に可能な範囲で廃棄する。
第9条 個人情報
  1. ジーニーは、下記の目的において、個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条に定める個人情報を意味する)を取得し、利用する。
    • (1)利用者にサービスを提供し、又はこれに関連するサービスを案内するため
    • (2)サービスの利用料金を請求するため
    • (3)サービスの改善、及びマーケティングオートメーションに関係する新サービス並びに新機能の開発のため
    • (4)ジーニーの運営する各種サービスの利用規約に違反する態様でのご利用を防止するため
  2. 個人情報の取り扱いに係るその他の定めについては、ジーニーのプライバシーポリシーに定める通りとする(https://geniee.co.jp/privacy/)
  3. 利用者は、サービスを用いて個人情報を取得する場合、当該取得及び取得した個人情報の管理について、法令その他の規制を遵守する。
  4. 利用者は、サービスを利用するにあたり登録する事項に個人情報が含まれる場合、当該個人情報の情報主体(登録された個人情報の本人のことをいう)から、あらかじめ、サービスに当該個人情報を登録することについて同意を得なければならない。
  5. ジーニーは、利用者から前項の個人情報を受領する場合、前項の同意を利用者が得ているものとしてこれを取り扱い、利用者はそのことに同意する。
  6. ジーニーは、本契約の終了時または利用者から求められた場合には、速やかに取得した個人情報を廃棄する。
  7. 利用者がEU個人データ(別紙3において定義される)を取得する場合、別紙3に定める特約が適用される。
第10条 プライバシーポリシー
  1. 利用者は、利用者がサービスの提供を受けるためにジーニーのタグが設置されたウェブサイトにプライバシーポリシーを掲載し、個人情報その他の情報の取り扱いを明示しなければならない。
  2. 利用者は、前項のプライバシーポリシーの内容に、ピクセリングデータ(Cookieデータまたは端末を識別する情報データ等に書き込むウェブサイト又はアプリケーション上でのユーザーの行動に基づいて取得される個人を特定しないデータのこと。以下同様とする。) の収集をしていることを示さなければならず、サービスの一部であるプライバシー機能(例えば、オプトアウトの機能)を回避しないものとする。
  3. 利用者は、本条1項のプライバシーポリシーにおいて第三者へピクセリングデータが提供されることを示し、ジーニーのプライバシーポリシーページへのハイパーリンクを表示するものとする
第11条 法令順守
利用者は、特定商品取引法、電子消費者契約法、その他の利用者の事業に関連する法令、規則、命令等を自己の責任により、遵守しなければならない。
第12条 サービスの変更・停止
  1. ジーニーは自己の裁量によりサービスを随時改良又は変更することができる。
  2. ジーニーは、下記各号の場合に、サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとする。
    • (1)サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    • (2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    • (3)火災、停電、天災地変などの不可抗力によりサービスの運営ができなくなった場合
    • (4)その他、ジーニーが停止又は中断を必要と判断した場合
  3. ジーニーは、ジーニーの都合により、サービスの提供を終了することができるものとする。この場合、ジーニーは利用者に事前に通知するものとする。
  4. ジーニーは、原則として本条1項乃至3条の規定によりサービスを改良・変更・停止・中断したことにより、利用者に生じた損害を賠償する責任を負わない。ただし、当該損害がジーニーの故意または重過失により生じた場合はこの限りではない。
第13条 禁止事項
  1. 利用者は、ジーニーからサービスの提供を受けるに際して、以下に定める行為を行ってはならない。
    • (1)法令または公序良俗に違反する行為
    • (2)利用登録に際して虚偽の情報を入力すること
    • (3)ジーニーの事業またはサービスの運営を妨害し、または当社の信用を毀損する行為
    • (4)ジーニーと競合するサービスの調査を目的としてサービスの提供を受ける行為
    • (5)ジーニーの保有する財産、プライバシー、人格権または肖像権を侵害する行為
    • (6)ジーニーが提供したサービスについて、その全部または一部を補正、翻案、改変、リバースエンジニアリリング、逆アセンブル、逆コンパイル等をする行為、その他ジーニーの知的財産権を侵害する行為
    • (7)サービスを、第三者に販売、譲渡、貸与または使用許諾する行為
    • (8)サービスに含まれるジーニーおよびジーニーにライセンスを許諾した第三者の著作権、商標、または特許等の表示を改変、除去する行為、または第三者をしてこのような行為をさせる行為
    • (9)サービスを、提供の趣旨とは異なる目的で利用する行為
    • (10)サービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為
    • (11)(1)本規約に違反する行為
    • (12)前各号の行為に類する行為
    • (13)その他、ジーニーが不適切と判断する行為
  2. 利用者は、サービスを利用して広告等を配信する場合、下記各号の表現・内容を掲載してはならない。
    • (1)殺害、虐待又は自殺を肯定、勧誘あるいは助長する又はそのおそれがあるとジーニーが判断する内容(殺害・自殺の方法などを掲載する行為を含む)
    • (2)違法薬物、火器・けん銃など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪を肯定・勧誘あるいは助長する又は そのおそれがあるとジーニーが判断する内容の掲載
    • (3)過度に残虐又は暴力的な内容、動画、画像(イラストや絵画等も含む)の掲載
    • (4)本人の承諾のない個人情報の掲載
    • (5)社会通念上、不適切と解釈され、又はそのおそれのある表現又は内容の掲載
    • (6)著しく性欲を興奮又は刺激させる内容・動画・画像(イラストや絵画等を含む)の掲載
    • (7)自ら又は組織等を偽る行為
    • (8)利用者が権利を有していない著作物(文字、画像、イラスト等)を無断使用又は紹介するする内容の掲載
    • (9)無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(MLM、マネーゲーム、オンラインカジノ等を含むがこれらに限られない)の勧誘等の情報、及びこれらに類するとジーニーが判断する情報の掲載
    • (10)他人を専ら誹謗・中傷若しくは侮辱する内容
    • (11)相手に恐怖心を生じさせる目的で危害を加えることを通告する脅迫行為やストーカー行為を助長するような内容
    • (12)人種、民族、性別、信条、社会的身分、居住地、身体的特徴、病歴、教育、財産等による差別につながる表現・内容
    • (13)その他、公序良俗に反する内容、法律に抵触する内容及びジーニーが不適切と判断する内容
  3. ジーニーは、利用者が本条1項及び同2項に違反した場合、ただちにサービスの提供の停止等、ジーニーが相当と認める措置をとることができる。
  4. ジーニーは、前項の措置により利用者に生じた損害を賠償する責任を負わない。
第14条 免責事項
  1. ジーニーは、下記各号の事項を保証しない。
    • (1)サービスを用いて収集される情報の合法性、安全性、適切性、有用性、最新性、正確性
    • (2)サービスが特定の機能を有すること及びサービスが利用者の目的に合致するものであること
    • (3)サービスにエラー及びバグがないこと
    • (4)サービスを利用することにより、売上向上等の特定の効果が生じること
    • (5)利用者によるサービスの利用が、利用者に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合していること
    • (6)利用者の機器の故障又は損傷に関連して利用者が損害を被らないこと
    • (7)ジーニーの故意又は重過失によらず、サービスに集積されたデータが破損、消失した場合、当該データの復旧を行うこと。また、これにより利用者に生じた損害を補償すること。
    • (8)ジーニーの故意または重過失によらずに、機密情報又は個人情報が破損、消失、漏えいした場合に、当該情報の復旧を行うこと。また、これにより生じた損害を補償すること。
    • (9)サービスに欠陥が生じた場合に、常に原状のとおり復元又は修復されること
    • (10)利用者のサービスの利用に際して、利用者がコンピューターウィルスその他の有害なコンピュータープログラムによる被害を受けないよう合理的な範囲の措置を超えた、安全性を完全に確保するためのセキュリティ方法を提供すること
    • (11)利用者の動作環境に依存せずサービスが正常に作動すること
    • (12)契約期間中又は契約終了後問わず、サービスの利用に係る情報を利用者または第三者に提供すること。ただし、契約期間中において利用者がサービスを利用するために必要不可欠な情報は除く。
    • (13)ジーニーは利用者が第5条6項に規定された義務を怠ったことにより利用者に生じた損害に対し一切の責任を負わないものとする。
      • ジーニーは、利用者と第三者との間に生じた紛争について、責任を負わない。ただし、当該紛争がジーニーの故意または重過失により生じた場合は、この限りではない。
第15条 サービスレベル
ジーニーは、本契約の有効期間中、99%の時間、サービスの利用ができるよう商業的に合理的な努力を尽くす(定期的な保守・点検のための停止時間は除く)。ジーニーの責に帰すべき事由により、1暦月当たり、1%の時間以上本件システム又は本サービスの利用が出来なかった場合、サービスの利用ができなかった時間が1%に達するごとに、当該月の利用料金が1%ずつ減額される。なお、利用者がサービスの利用ができなかった場合におけるジーニーの責任範囲は、本条に定める利用料金の減額にとどまる。
第16条 契約期間
  1. 本契約は、利用者がサービスの利用登録を行ったとき、又は利用申込を行ったとき、いずれか早い時点から起算して6か月間継続する。また、契約期間満了の30日前までに利用者からサービス利用停止の申し出がない限り、本契約はさらに6か月間継続し、以後も同様とする。
  2. 第2条1項(利用規約の適用範囲)、第8条2項(秘密保持義務)、第12条第4項(サービスの変更・停止)、第14条(免責事項)、第19条(損害賠償)及び第20条(準拠法及び裁判管轄)の規定は、本契約終了後も存続する。
第17条 契約の解除
  1. ジーニーは、利用者に下記の事由が認められる場合、本規約を解除し利用者がサービスを利用することを停止させることができる。
    • (1)本規約に違反する行為を行った場合
    • (2)支払停止若しくは支払不能となり、又は、破産手続開始、民事再生手続開始若しくは会社更生手続開始その他これらに類する手続開始の申立てがあったとき
    • (3)振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡りとなったとき、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき
    • (4)重要な財産について仮差押え若しくは仮処分の命令を受け、その効力が15日以上継続した場合、又は差押え若しくは競売の申立てを受けたとき
    • (5)公租公課の滞納処分を受けたとき
    • (6)解散したとき(合併による場合を除く)、清算開始となったとき、又は事業の全部(実質的に全部の場合を含む)を第三者に譲渡したとき
    • (7)監督官庁から営業停止又は営業免許若しくは営業登録の取消等の処分を受けたとき
    • (8)資産、信用状態が悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の理由があるとき
    • (9)当事者の信頼関係を著しく破壊すると認めるに足りる事情があるとき
    • (10)取締役、監査役、従業員その他の構成員、株主、取引先、若しくは顧問その他のアドバイザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ)であること、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合において、その解消を求める通知を受領後相当期間内にこれが解消されないとき
  2. 前項の規定にかかわらず、ジーニーは、利用者に対し30日前までに通知することにより、本契約を将来に向かって解除することができるものとする。
  3. 前2項に基づき本契約が解除された場合でも、ジーニーは既に利用者から受領した利用料金を返還せず、また、利用者は解除された本契約に基づき本来ジーニーに支払うべき利用料金の支払義務を免れないものとする。
  4. 利用者に第1項に掲げる事由の一つが発生した場合、利用者のジーニーに対する債務は当然に期限の利益を失い、利用者は全ての債務をジーニーに弁済しなければならない。
第18条 譲渡禁止
  1. 利用者は、ジーニーの書面による事前の同意なくして、本契約の契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対する譲渡、担保設定、その他の処分をしてはならないものとする。
  2. ジーニーはサービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本契約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとする。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとする。
第19条 損害賠償
本契約の当事者は、本契約に違反して相手方に損害を与えた場合には、その損害を賠償する責任を負う。但し、本契約において別段の定めがある場合を除き、本契約に関する各当事者の賠償責任は、直接かつ通常の損害に限り、逸失利益、事業機会の喪失等の間接的な損害は含まないものとし、またジーニーの賠償責任は、損害賠償の事由が発生した時点から遡って1ヶ月の期間に利用者から現実に受領した利用料金の総額を上限とする。
第20条 準拠法及び裁判管轄
本契約の準拠法は日本法とし、本契約に関連して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

2016年6月10日 初版制定
2016年7月28日 第2版制定
2018年6月1日 第3版制定